やっぱりデザインで選びたい!

ファッションとしてVespaを楽しむ

おしゃれ心をくすぐるスクーター

そのレトロな雰囲気に一目惚れして購入する人も少なくないベスパ。あまたある他のスクーターとは一線を画す独創的なフォルムや、独特のエッジと曲線を融合させたクラシカルなデザイン、多彩なカラーリングはベスパの大きな魅力だ。自分のファッションスタイルに合わせて好みのカラーのベスパに乗れば、あなたの世界観が完成する。

POINT01 ふっくらとしたヒップライン

ベスパとは、ラテン語で「スズメバチ」の意。ボディーのテールの形状が蜂のお尻に似ていることから、「ベスパ=スズメバチ」と名付けられた。横から見たとき、後ろから見たとき、ぷっくりとふくらんだ丸いヒップラインが何とも言えないかわいらしさを感じさせる。

01 ふっくらかわいく、スタイリッシュなテール現行モデル

POINT02 伝統の「スチールモノコックボディー」

02 独特の光沢が特長

スチールモノコックボディーは、ベスパの特徴のひとつ。二輪車では珍しいこのボディーは車体のなかにフレームを持たず、鉄製のボディー自体がフレームの役割を果たしている。プラスチックスクーターが主流の昨今、スチールモノコックボディーのベスパは独特の質感を放っている。

POINT03 航空機技術を取り入れた「片持ちフロントサスペンション」

03 ベスパの大きな特徴

片持ち式のフロントサスペンションも、ベスパの外見に大きな個性を与えている。これは、航空機の前輪タイヤによく使われる方式で、ベスパを開発したピアジオ社が航空機製造を手がける会社だから生まれた構造。4つのボルトを脱着するだけで簡単にタイヤを交換できる。

ベスパを知ろう!

ヴィンテージから現行モデルへ

一般的にベスパと言って多くの人がイメージするのは、「ヴィンテージシリーズ」というモデルだろう。ヴィンテージシリーズはイタリアでは1983年にいったん生産を終了しているが、日本での人気が高かったために再生産され2000年まで輸入されていた。現行モデルは、ヴィンテージシリーズの伝統を受け継ぎ、クラシカルな雰囲気を残しつつ新技術を取り入れて進化したもの。ヴィンテージシリーズを知る人にも受け入れられ、知らない人にも新鮮なスタイルとして人気を博している。

1947年モデル

1947年モデル

1976年モデル

1976年モデル

現行モデル

現行モデル

新車ラインナップ

ベスパショップ コネクティングロッドのご紹介

住所:〒179-0075 東京都練馬区高松6-3-4

コネクティングロッド公式HP:www.connrod.com

03-6913-4819

メールでのお問い合わせ

  • ベスパのことなら当店へ!
  • スタッフ紹介
  • チューニング・カスタム
  • アクセス詳細はこちら

ベスパは楽しみ方いろいろ!

ベスパラインナップ

新車ラインナップ Auto Nuova

中古車・アウトレット Uscita

パーツ・アクセサリー Parti Di Accessorio