イタリア現地レポート ~当社スタッフが現地で取材~

2012年8月6日 

ピアジオ博物館 (Museo Piaggio) 訪問記 Part.1

ピアジオ博物館

ピアジオ博物館 (Museo Piaggio)

所在地:Viale Rinaldo Piaggio 7, 56025 Pontendera (Pisa),Italy
アクセス:ポンテデラ(Pontedera-Casciana T.)駅下車、徒歩3分
オフィシャルHP:http://www.museopiaggio.it/
開館日:10:00~18:00 休館日:日・月・火 入場料:無料

アクセス (map)
フィレンツエ駅からPisa駅(ピサの斜塔で有名な場所)行きのローカル線に乗って、約50分。ポンテデラ(Pontedera-Casciana T)駅にて下車。フィレンツエからの列車の進行方向の左手の出口にでると、目の前はピアジオの工場群です。目の前の道を左手に(フィレンツエ方向)歩くこと約3分で、” Museo Piaggio”のサインが見えます。



大きな地図で見る

 イタリアンスクーター、特にベスパファンにとっては、一度は訪れてほしいピアジオ博物館。この博物館は、ピアジオ本社・ポンテデラ工場群の一角にあり、ベスパを一番最初に生産した工場を博物館として利用しています。


博物館の入り口に立つと、まず見えてくるのが屋外展示されている電車と飛行機。ベスパを作っているピアジオ社の博物館なのに、なんか不思議な光景に思えるかもしれませんが、もともとピアジオ社は第2次世界大戦以前は、飛行機やヘリコプター、列車などを製造していたメーカーなのです。その敗戦により飛行機などの製造が出来なくなり、庶民の安価な移動手段であるオートバイを、航空機メーカーならではの発想で生まれたのがベスパなんだそうです。今でもベスパの特徴であるスチールのモノコックボディは、航空機の胴体を製造する技術を転用、またフロントタイヤの片持ちは、ヘリコプターの車輪から転用したとされています。ベスパは、ピアジオ社が航空機メーカーであったからこそ生まれたスクーターと言えます。


 入り口から奥に進むと、左手に本館の入り口が見えてきます。本館に入り真直ぐ進むとベスパの展示スペース、その2階にジレラの展示スペースとなっています。また右手には、ベスパ資料室とミュージアムショップがあります。  フィレンツエをご旅行の際は、半日観光でピアジオ博物館を訪れてみては如何でしょうか。


ポンテデラ駅

”Pontedera-Casciana T”という駅名を見たら、下車してください。

ピアジオマークの給水塔

ポンテデラ駅に隣接してピアジオマークの給水塔が見えてきます。

ピアジオ博物館入り口

駅から徒歩約3分で、入り口が見えてきます。

ベスパの展示スペース

 歴代のベスパなどが、広々とした空間に展示されています。もともと工場とのことで、天井は高くなっていますので、室内にいながら開放感が有ります。

ピアジオ社が製造した列車(1936年)

単なる列車ですが、愛嬌のあるフロントデザイン。

VESPA400 (1957年)

ピアジオ社は、さらなるマーケットの拡大を狙い、四輪も発売しました。1959年には、モンテカルロラリーにも出走しています。

歴代のVESPAの陳列棚

立体的に棚に収められた歴代のベスパ。展示方法もユニークです。

イタリア建国150周年記念PX(2011年)

イタリア建国150周年とベスパPX150、年と排気量をかけているようです。右側の車両は、日本でも発売しています。

VESPA 150 T.A.P.(1950年)

戦うベスパ。フランス軍の要請により製作された軍用モデル。バイクならではの機動力を活かした車両に砲弾が装備されています。

VESPA Siluro(1951年)

ローマ・オスティア間を平均171.102km/hで駆け抜け、スクーター世界最高速度を樹立したモデル。

ピアジオ博物館 (Museo Piaggio) 訪問記 Part.2 へ

過去のレポートバックナンバーはこちら

ベスパショップ コネクティングロッドのご紹介

住所:〒179-0075 東京都練馬区高松6-3-4

コネクティングロッド公式HP:www.connrod.com

03-6913-4819

メールでのお問い合わせ

アクセス詳細はこちら

35.756755,139.619429

コネクティングロッド
〒179-0075
東京都練馬区高松6-3-4

35.756755,139.619429